南部鉄器に出会う前に作った料理  圧力鍋で料理 おでん お鍋



調理機材の威力を体感し始めたのが圧力鍋です。調理機材にしか出ない持ち味って物が存在します

色々と圧力鍋をみてたんですが、浜田ママとか言うおばちゃんの表紙に目かいきました。この張切ったおばちゃんのDVD付き、料理本つきでした。本をペラペ ラめくってたら丁度煮込むもんがでてきたので目安に、一発目の具材を本の煮込み時間を目安ににこいでいきます、ものの10数分で煮込むらしく 、実践してみました。10数分後ほんまにトロトロになってんのか?と半信半疑で鍋をパカ~開けて、ハシさしたらほんまにトロトロになってました。この鍋の 威力を思い知り、その具材を10号の土鍋に移し、次の酒飲みのアテを圧力鍋にセット、後々でおもったのですがこのおばちゃんのレシピ無かったら煮込み時間 が分からなかったとこでした。



翌日開催したお鍋ですが、午前中の雪の影響により一時は中止になりかけました。前日から圧力鍋で用意していたものは、おでんの筋肉とスペアリブで した。あと鱈鍋の方は白子の玉数がそろわず。ちゃんこみたいな乗りになりました。一つだけ購入した北海道産白子は友達夫妻に、締めに牡蠣雑炊して終了、友達 同士の嫁さん同士今後も仲良くしてくれると宜しいかと、友達としてはB型とA型はバランスいいんすね。子供に大人同士ワイワイガヤガヤとにぎやかでした。 23時帰宅されて十分もしないうちに爆睡、たらふく食べて余ったので今日もお鍋の残りをたべました。
 

関連記事

  • 南部鉄器に出会う前に作った料理 魚三枚下ろし 穴子鍋
  • 南部鉄器に出会う前に作った料理 スパゲッティー 鴨料理
  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

    タグ

    トラックバック&コメント

    コメントをどうぞ

    このページの先頭へ